胃痛を放っておくと様々な病気に繋がるかもしれません

胃痛とは

胃痛とは一体どんな症状?

◎ストレスと胃痛の関係

トップイメージ
胃の痛みで悩まされている人は多いのではないでしょうか。最近では「胃痛」を緩和させる薬などがドラッグストアなどでも多く扱う程、現代人はこの病気に悩まされていると言っても過言ではありません。では、一体どんな症状なのでしょうか。胃痛の事を知っておく事で、事前に予防をすることが出来ますよね。参考にしてみて下さいね。

胃液が大量に出てしまう、また胃の筋肉が摩擦する事によって胃痛がおこります。特に空腹時や食後に症状が出る人が多いでしょう。また、食べ過ぎた後など胃に痛みの症状があらわれる人も多いのではないでしょうか。そして、現代人の多くが抱えているストレス、実はストレスを感じていると胃痛を感じる人も多いと言われています。また、仕事が忙しいと睡眠時間がなくなり、体の不調の一部として引き起こす事もあります。

そして、殆どの人が、「食べ過ぎたかな?」「疲れているからかな?」で終わらせてしまっています。時間が経てば症状が和らぐ場合も多く本当の胃痛からのサインを見逃しています。実は胃痛は放っておくと「胃炎」や「胃潰瘍」、「胃痙攣」、また「十二指腸潰瘍」、「急性すい炎」など様々な病気に繋がります。大きな病気にならない為にも症状が出たら放っておくのではなく、何故胃痛になったのか、原因を探る必要がとても大切です。また市販の薬を飲んでも治まらない場合や、長引く場合などは早めに病院で受診するようにしましょう。

胃痛になる原因とは?

◎暴飲暴食やストレスには注意

胃痛になる原因は色々あります。暴飲暴食やストレス、また胃が元々弱い、そして血行です。暴飲暴食はその名の通り、沢山食べたり飲んだりする事です。また、刺激物の強い食べ物や油分を多く含んだ食べ物、味の濃い食べ物、そしてお酒を沢山飲む人も胃痛になりやすいと言われています。また、ストレスですが、ストレスを感じると自律神経に影響が出て胃液が多く発生し、胃痛につながります。また、ストレスが原因で血行も悪くなり、血行が悪くなる事で胃痛を引き起こす原因にもなっています。血行と胃痛は関係なさそうで実は親密に関係しているのです。また、暴飲暴食も実は体内の血液の循環を悪くしてしまいます。血液の循環が悪くなればそれが原因で冷え性に繋がり、そして胃痛になる事もあります。また、元々胃が弱い人は胃に栄養が行き渡らずまた食べ物の消化が悪かったりする事で胃痛の症状に見舞われます。

このように、胃痛になる原因は実は一貫性があるという事です。例えばストレスを抱えれば、ストレス発散の為に刺激物が多い食べ物やタバコを吸ったりしてしまう。そしてそれが原因で体内の血液の循環が悪くなる、結果胃痛を引き起こしていると言う訳です。規則正しい生活を送る事で発症を防ぐ事は出来ます。是非、規則正しい生活を送るようにしましょうね。