胃炎の原因とは?その対処法とは?

胃炎の原因と対処法

胃炎の原因は大きく二つ

◎ストレスによる胃炎

トップイメージ
何だか胃の痛みや吐き気、胸焼け、そしてお腹の張りなどの症状に陥った事ってありませんか?実はこれらの症状は誰もが一度は経験した事があり、症状が長引く人もいれば、少し時間が経てば落ち着く人もいます。これらの症状を「胃炎」と呼びます。言葉は聞いた事があっても、どういう症状なのか知らないという人も多いでしょう。実は胃炎の特徴は何といっても薬を飲んでもあまり効果がみられないという事、また慢性化しやすいのもこの病気の特徴です。では一体、胃炎の原因とは、またその対処法どうすれば良いのでしょうか?幾つかあげたいと思うので参考にして下さいね。

胃炎の原因は大きく二つに分ける事が出来ます。一つ目が、ストレス、暴飲暴食が原因の場合、二つ目が、アレルギーなどの体の内面からが原因の場合があります。

一つ目の原因であるストレスなどは、現代人の多くが抱えている問題の一つですよね。仕事が忙しい時程、不規則な生活になってしまう、そして食生活も乱れる、結果体の不調があらわれてしまう。また、仕事が忙しい事で、知らず知らずにストレスが溜まりそれを発散する為にアルコールやタバコを吸ってしまう人もいるでしょう。実はこれは悪循環なのです。ストレス発散だと思っていた事が、実は胃炎の原因を作っています。また、コーヒーや香辛料の強い食べ物、そして冷たい物も原因になります。

胃炎、その対処法は?

◎大事なのは胃を休める事

二つ目の体の内面から起こる胃炎の原因の場合は、例えば、卵や牛乳などを飲んでおこるアレルギー、また風邪やインフルエンザなどの感染症が原因で起こる場合があります。

では、胃炎への対処法は何があるのでしょうか。原因が明確に分かっていれば、単純にその原因を取り除けば症状は自然と治まります。また、市販の胃炎の薬を服用しても良いでしょう。そして、大事な事は胃を休める事です。半日から1日の間断食するだけでも、胃は休まり回復します。ですが、断食後は、おかゆやうどんなど胃に優しい食事を食べるようにしましょう。お腹が空いているからといって、いきなりカレーやコーヒーなど胃に刺激が強い食べ物を食べるのは辞めましょう。胃に負担をかけてしまい、胃を休ませた意味がありません。

また、激しい嘔吐や痛み、また感染症が原因の胃炎の場合は市販の胃薬などでは症状が治まりません。そのような時は早めに専門医に診察してもらいましょう。

胃炎は誰でも日常的に起こる病気の一つです。だからといってそのままにしておくと、慢性胃炎になってしまいます。普段の食生活を見直し、また胃を休めるようにして、胃炎にならないように心がけるようにしましょう。