日常生活の中で胃酸過多の症状の対処法とは?

胃酸過多の対処法

ストレスからくる胃酸過多

◎過度なストレスには注意!

トップイメージ
人は誰しもストレスを抱えこみたくありません。ですが、普段の生活の中で知らず知らずにためこんでしまうのも事実です。ストレスを抱え込まないようにしようと思っていても中々そう簡単にはいきません。また、ストレスを抱える事で私達の体は様々な症状に見舞われます。頭痛やめまい、不眠症、そして自律神経の乱れ、ストレスが原因で起こる症状をあげていたらきりがない程、その症状は多種多様です。

その中でもストレスが原因で胃の痛みを感じる人も多いのではないでしょうか。胃が痛む、キリキリ、むかむかする、ゲップなど様々です。これらの症状の殆どが胃酸過多の症状と言われています。特にゲップをした時に酸っぱいものを口の中に感じた人もいるのではないでしょうか。実はこれは胃酸が多く分泌され、それがゲップをした時に胃酸の液体が口の中に上がってきてしまった症状です。胃酸を感じるという事はとても不快感を感じますよね。

実は知らずに抱えているストレスが原因で交感神経はいつも以上に緊張してしまい、それが元で胃の働きを強めようとし、結果胃酸を必要以上に分泌してしまうので、胃酸過多の症状に見舞われると言う訳です。また、交感神経の緊張は血管までも収縮させてしまいます。これでは身体全体に巡る血液も回らなくなり冷え性の原因を作り、また、胃の粘膜の血行も悪くなります。このようにストレスは私達の体によって悪い症状ばかり起こさせてしまっているのです。

日常生活の中で胃酸過多の症状の対処法

◎ストレスを発散させましょう

日常生活の中で胃酸過多の症状の対処法はどのような方法があるのでしょうか。一番はストレスを抱え込まない事ですが、日々の生活の中でためこまないようにするのはとても至難の技ですよね。そこで、少しでもストレス発散出来るような生活をするようにしましょう。例えば、仕事帰りにジムに行って運動をして汗を流したり、好きな映画を見たり、美味しいものを食べたり、また、ゆっくりと体を休める生活を送るようにしましょう。現代人は忙しくて、シャワーだけで済ませている人も多いですが、湯船に浸かって体の芯から温めるようにしましょう。体を温める事で冷え性の改善にも繋がります。実は冷え性は血液の循環を悪くしてしまうのです。

実は生活習慣を見直す事で、体は元気になり、ストレスに負けない体を作る事が出来ます。また、偏った食生活は、胃にも体にも負担をかけてしまいます。消化の良い食事、ゆっくりと噛んで食事をするなど、胃への負担を少しでも軽減する事で、胃酸過多の症状は解消されます。是非一度、試してみて下さいね。